• 学院紹介
  • コース紹介
  • 校内案内
  • 入学案内
  • 修了生・ 講師紹介
  • イベント情報

修了生・講師紹介

修了生紹介

彭向暉さん

出身国:中国
卒業年:2004年
進学先:関東学院

卒業の前の思い出

僕はもう日本に来て一年半ぐらいになります。今、前のことを思い出すといろいろな感想が生まれます。2002年の10月に来たばかりのとき、日本語が全然分からなくてすごく心細かったです。日本語学校の先生はどんな人なのか、クラスの友達はどんな人なのか、それをよく考えました。現在そのことを思い出すと笑ってしまいます。学院の先生は想像以上にやさしく親切だったし、友達も仲間になりました。学校で日本語や日本の生活習慣などいろいろな知識を先生から教えてもらいました。先生たちはいろいろな苦労をして、授業の前に一生懸命用意してくれているとわかっています。本当に心から感謝に堪えないです。もちろん毎日教室だけの勉強ではなく、外で見学したり、大学生と交流したりすることもありました。毎回毎回違う感じがして楽しかったです。クラスの友達の性格はいいし付き合いやすいので、授業中はいつも良い雰囲気でした。
時間は水の流れのように戻らないですが、日本に来たことはまったく後悔していません。

李暁萌さん

出身国:中国
卒業年:2004年
進学先:神田外語大学

卒業前の今

両手の中に合格証明書を握っている時に日本に来てよかったと思いました。名前さえ言えなかった時から、日本人と会話できるようになった今までの一年六ヶ月に楽しいこともあれば、辛いこともありました。たくさんの「はじめて」から人生の面白さと大変さの両方を味わって、勉強にもなりました。国にいる時の自分はどのぐらいの貴重な時間を無駄にしたか、今さら後悔してももう遅いです。これから頑張るしかありません。昔の自分と比べたら、今こそ本当の意味で成熟したいと思います。私にとってそれは一番の収穫です。
もうそろそろこの学院を卒業して大学に行かなければなりません。
この日本語だけじゃなくて生活まで教えてくれた学院を。できれば将来、教えていただいたことで夢をかなえたいです。その時の私を見たら、先生たちが私を教えてよかったと思うことを願っています。

修了生の主な進学先

2004年春 明治学院大学、武蔵工業大学、桜美林大学、日本大学、拓殖大学、専修大学、関東学院大学、神奈川大学、駒沢女子大学、横浜商科大学、神田外語大学、グレッグ外語専門学校、米山ファッションビジネス専門学校、大塚情報処理専門学校、CAD製図専門学校、東京観光専門学校、日本電子専門学校他
2003年春 東京理科大学、上智大学、関東学院大学、大東文化大学、神奈川大学、尚美学園大学、高崎芸術短期大学、東京デザイナー学院、文化学院、東京情報ビジネス専門学校、日本健康医療専門学校、神奈川情報文化専門学校、東京フード製果中医薬専門学校他
2002年春 横浜国立大学、東京商船大学、神奈川大学、亜細亜大学、学習院女子大学、関東学院大学、獨協大学、明海大学、東京都立大学、日本大学、大森家政専門学校、駿台電子情報専門学校、第一経理専門学校、日本工学院専門学校、JTBトラベルカレッジ、外語ビジネス専門学校他

講師紹介

富永先生

こんにちは。富永千裕と申します。
これから留学したいと考えている皆さんは自分の未来をどのように想像しているでしょうか。
将来の構築を留学前から考えておくことはとても大切なことです。留学は留学をする前から始まっているのです。
日本語を学び、目標を実現しようと奮闘する皆さんのサポートができたら、大変嬉しく思います。学生の皆さんのサポートができるよう、私も精進してまいります。お会いできる日を楽しみにしております。

林先生

皆さん、こんにちは。林 惠園(イム ヘウォン)です。韓国出身です。日本の大学院で日本語教育を勉強して、日本語の先生になりました。私も以前は留学生でした。ですから、日本語を勉強する方法や留学生の気持ちがよくわかります。自分が夢を抱いて日本へ来たように、みなさんも日本で、または日本語を勉強して実現したい夢があると思います。その夢が実現できるようにサポートします。興和で一緒に頑張りましょう。

大河先生

今、世界のどこかで争いが起きていますが、なぜでしょう。自分さえ、自分の国さえ良ければいいと考える人が多いからではないでしょうか。
日本には『互譲(ごじょう)互助(ごじょ)(お互いに譲(ゆず)り合い助け合う)』という言葉があります。日本語を学び合いながら、どう生きるべきかを話し合い、やさしい心を持った人、視野の広い人を育(そだ)てようとの思いで、私は教壇(きょうだん)に立っています。
皆さんといつの日か、めぐり会える日を楽しみにしています。

竹内先生

皆さんはどんな夢や目標を持って日本に来ますか。日本へ来たら、新たな発見や出会いなど楽しいことが数多くありますが、時には慣れない環境に戸惑い、辛く感じることもあるでしょう。でも自分の夢を実現させるためには、途中で諦めず日々努力し、何事にも積極的に取り組み、自ら日本の文化や習慣に溶け込む姿勢を持つことが大切です。そのような毎日の積み重ねが皆さんの希望の花を咲かせ、やがて実を結ぶものと信じています。私たちは皆さんを全力で応援します。

前原先生

皆さんは話を聞いたり、インターネットで調べたりして、それぞれのイメージを持っていることでしょう。ぜひ日本に来て、実際の日本を見てみてください。
日本での留学生活で困った時には、先輩や友達もいますし、私たちが全力でサポートします。ここ興和日本語学院で、日本語だけでなく日本の文化や生活も楽しく学んでいってください。

入学に関する詳細は、興和日本語学院事務局までお気軽にお問い合わせください

(一財)日本語教育振興協会認定校興和日本語学院The Kohwa Institute of Japanese Language

〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町11-2
TEL:044-233-4261 FAX :044-246-2801
E-MAIL:chou@kohwa-ijl.co.jp
担当:張(日、中国語)、金(日、中、韓国語)

お問い合わせ(メールフォーム)